• SDシリーズ
  • Funtrekシリーズ
  • Lifeシリーズ

NEWS

> 竹筒に山の花挿す立夏かな(神尾久美子) 【フェア情報】5月谷中ギャラリー3社合同展(5/17〜19)は終了しました。ご来展の皆様有難うございました。なお単独での5月フェアは今回の3社合同展に含めましたので終了となります。また6月フェアは14日(金)〜16日(日)を予定しております。梅雨を吹き飛ばすフェアに致します。掘り出しモノ、試作品バッグなども販売いたします。  ギャラリー内ではVISA,mastercard,AMERICAN EXPRESSがご利用になれます。詳しくはこちら

製品情報】今回ライトアップ様とのコラボで「軽快ポケットショルダー」が発売になりました。薄マチB5サイズで暑い時期のポケットがわりに活躍するショルダーバッグです。https://img05.shop-pro.jp/PA01309/499/etc/%B7%DA%B2%F7.jpg?cmsp_timestamp=20190527144440No.115アーティストリュックは登山からスケッチハイキング、撮影旅行など多用途に対応可能で高い評価をいただいています。今回ブラック色が追加されました。機能・素材は同一ですがより多くのシーンでお使いいただけます。写真はモスグリーンです。https://img05.shop-pro.jp/PA01309/499/etc/115%A5%EA%A5%E5%A5%C3%A5%AF%B9%E2%B2%E8%BC%C1.JPG?cmsp_timestamp=20190504151951 お待たせしました!新型ワレット発売しました。

(1)No.601新型ワレット発売しました。旧型より縦横1cmサイズアップでさらに使い易くなりました。素材:撥水ナイロンツイル(モスグリーン/ブラック)¥3,400(税抜)

(2)木工家具作家とのコラボで大人のスリングショット発売しました。受注生産でお渡しまで約1ヶ月。桜材とウォールナットを使用しています(季節などで材料変更もあります)。価格:Y型・¥10,000(税抜)/O型・¥12,000/化粧箱入でお届けいたします。

(3)スリングショット用4号帆布ケースも同時発売です。(ベルト通し付¥3,000(税抜き)

(4)新型419トレックショルダー発売します。(2019年3月発売予定)9号撥水帆布/サイズ:W300 x H250 x D100mm/山歩きから街歩きまで多用途にお使いいただける大人のバッグです。

【メディア】

1:往年の名品の最新バージョン「ライトアップBOGARD」シライデザイン「大人のスマートリュック」発売!
2:ライトアップ「BOGARD」シライデザイン<大人のシティーリュック>
3:ライトアップ「BOGARD」シライデザイン<大人のハイキングリュック>
4:
日経BPセレクション掲載「ミュージアムバッグ」「ミュージアムバッグ供廚好評です。
5:ライトアップ様とのコラボバッグ「スマートトラベラーズ・ショルダー」毎日新聞に掲載されました。
●ライトアップBOGARD誌April2018 Vol.90掲載「旅の多機能デザインリュック」が好評発売中です。


【その他】

●ブログ始めました。(アメブロ) http://ameblo.jp/shiraidesign/

●シライデザインバッグの情報誌BagAgeを発行しました!!ご希望の方には無料でお送りします。ご連絡ください。

ランキング

おすすめ商品

心地よきもの I learn from the good design industrial products of the feel.
例えば使い込んだスイスアーミーナイフ
例えばススで真っ黒に焼き付いたコッヘル
オイルを塗ったゴローの山靴とジルブレッタの締め具
ライツミノルタのサイズと質感、重量バランス、そしてデザイン
例えばツイードのジャケットとカシミアのマフラー
ラミーのボールペンtipo
誰でもがいくつかの心地良きものを持っていると想像します
手入れをしながらその心地良きものに囲まれていたい

心地良きもの・・・・出来ればそれら生産国のイメージと重なるものであって欲しい
スイスの時計産業はスイスの精密測定機器と同様に、スイスの国民性や生活環境を想像させます
iittalaのグラスや磁器類は、フィンランドの国民性や生活環境をも想像させます

ひるがえって我がメイドインジャパンの製品も日本の好ましいイメージと重なっている事を期待したい
シライデザインのミッションは、低山歩きと言う行為を通して、
また日常生活の中から心地良きものを発想しみなさまにご提案して行くこと
国内工場とのコラボを通して、シライデザインのリュック・バッグやグッズがそれら心地良きものと
同様に愛され使い込まれるモノでありたいといつも考えています           

白井要一